HOME>特集>サイドビジネスとしてやりがいの多さと安定した収入に

安全面も充実

東京と並ぶ大都市である大阪ですが、インバウンドに関しては間違いなく国内トップランナーです。大阪を訪れる外国人観光客は、過去最高の数字となっています。それ自体は素晴らしいことですが、不安視されているのが宿初施設の不足です。出張のビジネスマンやOLも同様で、宿泊先を確保するのに懸命です。そこで期待されているのが、一般の家庭で宿泊する民泊です。法律の改正によって、民泊が可能になり大阪市の民泊運営代行が人気を集めています。

オーナーの負担が減る

大阪市の民泊運営代行の特色は、施設管理全般を請け負ってくれることです。そのためオーナーさんは、土地と建物の貸し出しだけでOKです。食事の提供や清掃等、煩わしさを感じずに収入を得ることが出来ます。民泊経営に興味のある方が増えています。

違法やグレーゾーンの撤廃

大阪市の民泊が盛況なのは素晴らしいことですが、以前として違法業者やグレーゾーンを巧みに突く業者が後を立ちません。運営代行業者に任せることで、正規民泊業として堂々とアピールすることが出来ます。集客力のアップに繋がります。

クレーム対応もバッチリ

民泊運営をすることで、避けられないのが小さなトラブルです。とりわけ外国人観光客とは、言葉や文化の違いで気持ちが行き違うことがあります。大阪市の運営代行会社では、英語や中国語を話せるスタッフが大勢います。綿密なコミュニケーションが図れることで、無用なトラブルを回避出来ます。

広告募集中