HOME>イチオシ情報>電話を受け付けるサービスの種類と費用を説明します

電話受付サービスを解説します

通話する女性

電話代行のサービスとしては、3つのパターンがあります。まず、契約件数が大変多いのは、自分の会社にかかってきた電話を転送して、代わりに応答してもらうものです。次に、電話番号自体を借り受けて、かかってきた電話に応答してもらい内容を伝えてもらうものです。最後に、電話を借り受けて、自分の会社の電話に転送してもらうものです。小さな会社では、従業員が少なく、社員研修もままならないことから、受付を業務から切り離して実施することは極めて効率的なことです。来客の応対や業務への集中を妨げない点が仕事の効率化をアップさせます。全国どこでも、いつからいつまででも対応してもらえる点もメリットです。

電話転送の料金をまとめます

電話代行の経費は、対応条件によって様々です。例えば、7時間40件で5000円、9時間100件10000円だったり、月30件受けて5800円、80件で9500円、別途内容を聞くと15000円と色々です。また、お試し期間として1ヶ月については0円とする場合もあります。最近では、面談やチケットの予約、スケジュール管理までしてくれる、まるで秘書のようなサービスもあります。古くからあるこの電話サービスは、秘書代行とも言われていたりします。オペレーターについては、常に教育をしており、一定の期間で研修を行っているので、質の高い応対が期待できます。

電話サービスの概要をまとめます

昭和40年代からサービスのあった電話代行は、電話秘書とか秘書代行などと言われたりします。転送した電話の応対を本当の社員として丁寧に受付して、事後に内容を伝えてくれる便利なサービスです。従業員が足りない、仕事にさしつかえる、お客様を待たせてしまう等の困難な状況を解決してくれるサービスです。相手先の名前や問い合わせ内容、事後の連絡先電話等もらさず正確に記録し、メールなどで伝えてくれる契約となります。質の高いオペレーターが対応してくれますが、色々な条件で代金が変化します。

広告募集中